道草雑記帖

「神楽坂 暮らす。」店主の備忘録/日々のこと/器のこと

おさるの小頭

f:id:kurasustore:20160222121324j:plain


先日の記事では、梅を見に行った湯島天神の境内で「梅まつり」なるイベントが開催されていた話について書きました。

食べ物の屋台もたくさん出ていたのですが、日光さる軍団の猿回しも登場。おねえさんに連れられたタケオちゃんというお猿さんがアクロバティックな演技を披露しておりました。
現在のさる軍団、反省猿(次郎ちゃん)で一世を風靡した村崎太郎さんが率いているだけあって、演技をするまでの笑いの取り方も秀逸。かつての太郎次郎を彷彿とさせる小芝居付きの曲芸なのですよ。もうおかしくておかしくて、腹を抱えて笑ってしまいました。
お猿さんは見た目が人間に近い分、感情移入しやすいところがミソ。ほかの動物の曲芸とは違ったおかしみがありますね。

タケオちゃんが着ているいる法被には『小頭(こがしら)』という文字が染め抜かれていて、これもツボでした。かつて『暴れん坊将軍』で『め組の頭(かしら)』を演じていた御大(北島三郎)の姿がふと脳裏をよぎり、「サブちゃんが頭なら、タケオちゃんはたしかに小頭だよ」と膝を打ち、妙に納得してしまいました。サブちゃんに対して大変失礼な納得の仕方ではありますが。


神楽坂 暮らす。 オフィシャルページ http://www.room-j.jp

広告を非表示にする