読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道草雑記帖

「神楽坂 暮らす。」店主の備忘録/日々のこと/器のこと

風に吹かれて

f:id:kurasustore:20160210125449j:plain


昨日火曜日は店の定休日。
吹き荒ぶ寒風に煽られながら、伊勢原にある山下秀樹さんの工房を訪ねてきました。急な思い付きで。

昔の養豚場を利用した山下陶房は、山岳信仰の山・大山を望む自然豊かな場所にあって、相変わらず良いたたずまいでした。
業務都合上、あまり頻繁に作り手のもとに出かけることはできないけれど、手仕事が生み出される現場に一旦足を踏み入れると、場の空気に刺激されて、自分の感覚が鋭敏になってゆくのがわかります。
工房では「勝手知ったる他人の家」といった具合で、これまでの作品が並べられている棚をくまなくチェック。山下さんが出品する展示には何度も足を運んでいるはずなのだけれど、今までに見たことがない作品を棚の奥の方で発見してしまったり、窯から出たばかりの新作を見ることができたり、うれしい出会いがありました。
やはり、こういう時間を持つのは大事なことだと思いますね。訪れるたびに初心に戻ったような新鮮な気分になる。

帰りは、ロマンスカーでゆったりと旅気分を味わいつつ新宿まで。
今回のような「仕事半分、楽しみ半分」という感じの遠出は、僕にとっては程よく緊張感が出る時間の使い方なのかもしれません。おいしい空気を吸い、美しい丹沢の峰々を眺めて気分転換もできたし、よき休日になりました。
選んできた器は、3月初めの企画展の際に店頭に並べる予定です。どうぞおたのしみに。


神楽坂 暮らす。 オフィシャルページ htttp://www.room-j.jp

広告を非表示にする